ガラス交換で住宅に最適なガラスを導入

火災保険を利用するなら良いガラスと交換

ガラス

火災保険を利用して窓ガラスを修理する場合は、ガラス交換で自宅の窓をより丈夫なガラスへと取り換えてもらいましょう。

ガラス交換にオススメの種類

防犯ガラス
一般的なガラスはハンマーや石などがぶつかると簡単に割れてしまいますが、防犯ガラスは物がぶつかった程度では割れたりしません。二枚のガラスの間にポリカーボネートなどの素材が挟み込まれており、外から衝撃が加わっても中の素材が衝撃を吸収してくれるためです。そのため子供が物をぶつけたり、誤って衝突したりしてもガラスが割れることはありません。
強化ガラス
通常ガラスは割れると尖った形に割れてしまいますが、強化ガラスは割れると粒上に砕け散ります。そのため万が一ガラスが割れてしまっても、ガラスの破片で怪我をしてしまう可能性は低いです。また一般のガラスに比べて耐久性が4倍程まで上がっているため、住宅のガラスを強化ガラスにしておけばガラス交換の回数を減らすことができます。
防音ガラス
近くを電車や新幹線がよく通る住宅では、外からの騒音が住宅内に響いてしまうことが多いです。こうした騒音被害を改善したい場合は、住宅の窓ガラスを防音ガラスへと交換してもらいましょう。防音ガラスは外からの騒音が住宅内に響くのを防ぐ効果があり、室内で発生した音が住宅の外へと漏れてしまうのも防ぐことが可能です。
合わせガラス
日光に含まれる紫外線は肌にダメージを与えるため、女性や子供の方は紫外線を防ぐために何らかの対策を行なう必要があります。まずは住宅の窓ガラスを合わせガラスへと交換してみましょう。合わせガラスの中に入っている中間膜は紫外線を99%以上カットしてくれるため、設置していれば紫外線で肌がダメージを受けることはありません。

TOPボタン