業者にガラス交換を依頼

火災保険でガラス交換が可能?

女性

住宅の窓ガラスが破損してしまっても事前に火災保険へと加入していれば、ガラス交換の際に発生する費用を保険で賄うことができます

火災保険について


窓ガラスが割れたら火災保険は適用されますか?
ガラス交換を実施する際の費用を火災保険で支払うことは可能ですが、補償を受けることができるのは指定した条件を満たしているものだけです。強風でガラスにひびが入った時や不注意によってガラスが割れた時は、風災補償や突発的な事故として保険を活用することができます。泥棒の被害による窓ガラスの破損も補償対象となります。
子供が割ってしまった場合も適用されますか?
子供の遊びで窓ガラスが割れてしまった場合、個人の過失として実費で修理を行なうことが多いです。しかし突発的な事故による破損では幼い子供による被害を過失とせず、補償されるべき事故として認められています。そのため子供の行動によって住宅の窓ガラスが割れてしまった場合は、火災保険を活用して修理費用を賄うことができます。

窓ガラスが割れた時の動きとガラス交換

自宅で子供が誤ってガラスを割ってしまった場合は、すぐに清掃を行なって割れたガラスを回収しておく必要があります。

ガラスが割れた時の対応

ガラスから子供を遠ざけてガラス交換を依頼

ガラスが割れてしまった際はまず近くにいる子供を遠ざけるようにし、割れたガラスを子供が踏まないようにします。その後は怪我をしないように靴下やスリッパを履き、軍手を身に着けておきましょう。これらが済んだら、修理業者の方に連絡を行ない、ガラス交換を依頼します。個人でガラスの交換作業を行なうと、怪我をする危険性があります。

大きな破片と小さな破片を回収する

修理を依頼した後は部屋に散乱しているガラスを回収し、残ったガラスで怪我をする可能性を無くしておきましょう。大きなガラスの破片はそのまま手で拾って回収し、拾うことが困難なほど小さな破片は掃除機や箒などでとるのが最適です。箒や掃除機などを所有していない場合は、粘着シートなどを利用してガラスを回収する必要があります。

窓に残っているガラスを外す

割れた窓の部分には一部ガラスがそのまま残ってしまうことが多く、そのままにしておくと子供が触って怪我をしてしまう危険性があります。そのため飛び散ったガラスを回収した後は窓に残ったガラスも回収しておき、安全を確保しましょう。どうしても割れたガラスが外れない場合は、そのままの状態でおいておくのが適切です。

ガラス交換をしないと起こる問題

ガラス交換を実施せずにそのままの状態で生活を行なっていると、日常生活にさまざまな悪影響が生じてしまいます。窓ガラスが破損していると室内の温度が一定に保たれなくなり、住宅での生活が悪化してしまう可能性が高いです。場合によっては熱中症を発症することもあるので、ガラスの破損はなるべく早めに解決しておくのが適切です。

TOPボタン